新生児布団が必要な理由,
赤ちゃんの免疫がまだ不安定なため⁈


生まれたばかりの新生児の免疫はまだ不安定なため、いろいろな感染症にかかりやすいです。
そのためベビー用品を出産前に準備しておくことは大事です。
出産準備用品として必要な物はいろいろありますが、その中でも、免疫力が低い赤ちゃんに必ず用意すべきな物は新生児用の布団です。

 

新生児布団はどうして必要なの?


新生児の睡眠時間は平均的に1日約20時間で、昼夜を問わず24時間の間に均一な間隔で眠ります。
一日ほとんど布団で過ごすため、新生児に適正な布団を用意することが良いでしょう。

 

また、生まれてからすぐ使うもので赤ちゃんの安心毛布になることも多いです。
安心毛布は赤ちゃんが寝る時や日常生活でも常に身につけているので赤ちゃんに合う素材を選ぶのをおすすめします。

 

それでは、より詳しく見ていきましょう!


目次

1.新生児専用の布団が必要な3つの理由

1-1赤ちゃんは免疫力が低いので清潔が大事
1-2敏感な赤ちゃんの肌を守ろう!
1-3大人の布団は窒息の可能性がある

2.新生児布団はいる?いらない?先輩ママたちの声

3.ククドリームが最高の新生児布団な理由!

3-1ククドリームのこだわり
3-2ククドリームの特長
3-3ククドリームのロコミ

1.新生児専用の布団が必要な3つの理由


1-1赤ちゃんは免疫力が低いので清潔さが大事

赤ちゃんは免疫力が低いので常に清潔を保つのが大事です。
寝るときにたくさんの汗をかくし、よだれを垂らすので布団がすぐ汚れやすいです。汚れた布団をそのまま使うともちろんウイルスにかかりしやすくなります。
そのために抗菌効果、アンチウィルスの素材を使った布団が良いです。

1-2敏感な赤ちゃんの肌を守ろう!

赤ちゃんの肌は大人に比べて凄く敏感であるため傷付きやすい、肌荒れを起こしやすいです。
赤ちゃんの肌を守るためにはなるべく刺激がない素材で作られた布団が必要です。

1-3大人の布団は窒息の可能性がある

新生児の事故死原因No.1は窒息です。
寝ている間に布団が顔にかかってしまって、鼻と口が塞がれてしまう窒息事故は新生児に起こる頻繁な事故です。ふかふかな大人専用の布団はこのような事故が起こりやすいです。
安全のために新生児には程度の硬さがあり、軽い布団が必要です。加えて通気性も良いと最高でしょう。

 

2.新生児布団はいる?いらない?先輩ママたちの声

先輩ママたちの声を聞きますと、’新生児の布団は特に要らなかった’と’新生児の布団は凄く有用だった’という意見があります。
それではいる派、いらない派、それぞれの声を聞いてみました。

 

いらない派

新生児は泣き虫で、特に寝る間に何回も起きて泣いてしまったのでほぼ大人のベットで一緒に寝ることが多かったのでほとんど使わなかった。
またすぐ大きくなるからもったいない。

 

いる派

大人の布団は厚いしでっかいので頻繁に洗濯するのが難しい、だから衛生面で大丈夫かすごく心配だったので洗濯しやすい布団が必要だった。
また素材がそこまで柔らかくないし、赤ちゃんがなめたりしゃぶったりするので肌荒れとかウイルスの感染にも対策ができないと思う。

 

3.ククドリームが最高の新生児布団な理由!


3-1ククドリームのこだわり

Happy Baby From Happy Mama

ククドリームは大切なお子様を24時間守るための育児アイテムを開発しました。
世界レベルの新しい概念のアイテラテクノロジーを適用したアンチウィルス新生児布団を作りました。

 

3-2ククドリームの特長


1.100%銅生地で衛生面で最高

生地全体を銅でコーティングしたためより速く、完璧にウイルス源を遮断します。
アンチウィルス、抗菌、殺菌効果が優れています。
また消臭、防臭効果もあり唾液の臭いも消してくれます。
さらに電磁波も遮断するのでお子様により安全に使えます。



2.刺激のない柔らかさ

天然モダール素材と天然ピグメント染で柔らかさを極大化しました。またワッフル型素材で敏感なお子様の肌にも刺激を与えず快適に使えます。
*モダール素材とは? ブナのパルプを原料としており、刺激が少なく柔らかなプレミアム生地のことです。

 



3.優秀な通気性

通気性テストに合格して窒息事故の心配ゼロ!


3-3ククドリームのロコミ



Written by CuCuDream OnnuriStore

Leave a comment

More stories

ベビー布団が必要な理由!赤ちゃんの窒息死を防ぐため?!

ベビー布団はどう選ぶの?ベビー布団おすすめのポイント!


それでは、どのようなベビー布団が良いのでしょう。ベビー布団おすすめポイントをご説明します。

  • 通気性がよく軽いもの
  • 刺激が少ない素材
  • 抗菌・アンチウィルス対策ができている

まず、赤ちゃんを窒息事故から防ぐためには通気性がよく軽いものがよいです。また赤ちゃんの肌は大人に比べて凄く敏感であり柔らかく刺激が少ない素材の方がいいです。

免疫力も低いのでダニ、カビ、アレルギーなどの対策ができている布団を選ぶべきです。

ベビー布団、洗濯の頻度はどれくらい?ベビー布団、衛生面が心配なら?

「ベビー布団、子供がよく口に入れるのでほぼ毎日洗っているが本当に清潔に保たれているか、、」


こんな心配をしている方は少なくないはずです。

結論から申し上げますと雑菌、ウイルスが繁殖しにくい素材の布団を使うということです。

多くの人がベビー布団を買う時に「洗えるタイプ」を探したと思います。それはもちろん清潔に使えるものが欲しいからです。でも、洗濯だけでは汚れを落とせても、除菌や防臭効果は得られません。また、雑菌やアレルゲン物質も完全に落とせません。

クリーニングに出すと雑菌やアレルゲン物質から赤ちゃんを守ることができますが、頻繁に利用すると布団の寿命を縮めてしまいます。

「自宅での洗濯だけでは雑菌やアレルゲン物質は完全に落とせない」
「除菌スプレー、天日干しでも完璧な殺菌効果は期待しにくい」

そこで今回は、ベビー布団を常に清潔に保つ方法について紹介します。